ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



ロコモ(ロコモティブシンドローム)予防

2018年7月11日

介護予防の運動とは

介護予防の運動と聞くと、どんな所で行われているか、どんな運動が良いかご存知ですか?

自分で行う運動やウォーキング、認知症予防、地域で行われている教室、デイサービス、などなど色んな所が増えつつあります。

 

色んな人に出会い、刺激を受けることは、いくつになっても必要ですよね。

その中でも、マシンを使ったトレーニングも、お勧めですよ。

機械を使うのは、敷居が高そうに思えますが、
実は、効果的に筋肉を鍛えることが出来るので、始めての方にもお勧めなんです。

一人では、使い方も分からないし、やる気も起きないし・・・・、なかなか一歩が踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?

最近は、介護保険を使うタイプの運動型デイサービスも増えています。

DSC_7690

また、自費で行う、個人経営型のトレーニング施設も増えてきました。IMG_20170729_211203_090

スポーツクラブや公共のスポーツセンターでも、トレーニングをすることが出来ますが、きちんと身体に合った指導を教えて貰えるかが心配ですよね。

 

コツは、自分の気になるところ、痛みがあるか、どうしたいかをきちんと伝える事。

「健康運動指導士」

という資格のある人がいる場合は、疾患や病気の勉強もしているので、リスクを抱えている方でも安全に運動する方法を教えてくれます。

 

日常生活で負荷が少ないと、ちょっとしたことでも疲れやすくなります。

ある程度の重さや心臓への負担を与えることは、身体にとって必要な事。
その負担に対して、乗り越えようと、再生能力が働くのです。

 

是非、近所の施設を探して、勇気を持って、訪ねてみて下さいね。

 

自分の身体は、自分で動かす!

40歳を過ぎたら、自分の身体と向き合い、メンテナンスすることをお勧めします。

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid