ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



ケガ ・ 痛み

2017年1月24日

膝が曲がらない・伸びない

あれ?

膝が曲がらなくなってた・・・。

そういえば・・・伸びなくなっている。

 

そんな悩みを感じていませんか?

 

 

少しでも違和感を感じたり、

あれ?って気付いた時が、チャンスです!

 

 

知らないうちに・・・。

 

これが、加齢・老化なのです。

 

残念ながら、加齢や老化に勝てる人はいません。

でも、少しでも進行を遅らせて、素敵な人生をなるべく長く送ることはできると思います。

もちろん、どこも痛くなく人生を終えられる方もいらっしゃいますし、色んな病気と付き合いながら命を全うする方もいらっしゃいます。

 

でも、自分の体と見つめあい、ケアしてあげることで、身体だけではなく心も元気になると、色んな方と接して感じます。

 

痛い痛いと言っていた方が、軽い運動を通じて元気になり、多少の痛みはあっても、人生を楽しむことを諦めない。

色んな事にチャレンジしてみようかなぁと思えること。

 

そんな感覚を一緒に味わって貰いたく。

 

身体の声を聴いて頂きたいと思います。

 

 

加齢と共に、筋肉は固くなり、軟骨はすり減り、靭帯が伸びたり、骨が固まってきたり・・・。

身体には色んな変化が起こります。

 

 

でも、

もし、毎日チェックをしていたら、

動きが悪くなってきたことに気づき、早い時期に病院にかかれたり、可動域訓練ができたり、運動によって改善される余地はあります。

 

 

ある80代の女性の、レントゲン写真です。

DSC_0861

この画像の方の膝は、本当は動くべきお皿が、骨とくっついてしまっています。

医師の説明によると、新たな骨ができ、膝のお皿と骨がくっついてしまったそうです。

新たな骨ができてくるのも、老化の一つなのです。

 

医師がこの方に、

「いつから膝の曲げ伸ばしができなくなりましたか?」と聞いたのですが、

「分からない、気づいたらこうなっていた。」

との答えでした。

 

骨がくっついてしまうと、剥がすという事は骨折と同じ。

もとに戻すには、手術しか方法がありません。

 

手術にはリスクも伴います。

 

 

 

結局この方は、ご自分の状態を納得され、手術ではなく今より悪くならないようにと、運動療法(ストレッチ・筋トレ・コンデショニング)を選びました。

 

もし、
くっついてしまう前に、動かし続けていたら・・・・と思うと・・・。

 

是非、皆さんも、自分の身体の声を聴き、早め早めに対策を練って下さいね。

 

皆さんの元気な人生を願って。

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid