ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



ロコモ(ロコモティブシンドローム)予防

2017年1月15日

動きたいという気持ち

先日、サークルメンバーのHさんが、サークルの終わる時間に訪ねてこられました。

 

以前から、足指が痛いと相談に来られていた方なのですが、なかなか良くならず、この前は、外反母趾が酷いのでインソールを作りたいと相談だったのですが、傷や変形があるのでまずは病院受診を促しました。

DSC_0582

結果、Hさんは受診されたのですが、

今回は、残念ながらまだ良くなっていないとの報告でした。

 

他の病気の影響から、足の指先への血液の循環が悪く、しもやけはもちろん、靴にぶつかる部分には、褥瘡が出来てしまい、靴にあたる部分はもちろん、足を地面に付くだけで、痛みが走るそうです。

 

そうかぁ・・・(/。\)、治療家でない私には、どうにかしてあげたいけど残念ながらどうしてあげることもできません。

話を聞くことは出き、共感して少しでも辛い気持ちを分かち合うことげ出来たらと、お話を聞いていると・・・・。

 

 

「先生。 体重が減ってきたの・・・。 食べてるのよ。 動いてないのに、食べているから体重が増えるかと思ったら体重が減ってきたの」と。 実は・・・危ない傾向です。体力も気力も無くなり、このまま虚弱になって寝たきりになるかたも多い状態です。

説明をしようかと思ったとき、Hさんの口から。

「先生、これって 筋肉が落ちたということよね。」と。

 

「先生、どうしたらいい? どんどん、ガリガリになっていってどうにかしなきゃと思うけど、 痛くて歩けないし、困っているの。

かばって歩いていると、どんどん変な歩き方になるのも分かるし。」

 

「でもね。先生。

私、夢を見たの。

楽しくディズニーランドへ行ってきたのよ。

あとね。

公園で走って、とっても気持ちが良かったの!」

 

と、目を輝かせて話して下さいました。

 

 

良かった!

 

動きたいという気持ちが無くなっていなかった!

 

それどころか、

もっと楽しみたい、

人生を豊かなものにしたいという、

潜在意識が心の中で訴えているのだと感じました。

 

結局、皆と一緒に運動するのは今はついていけないかもしれないとのことと、足が痛く歩行に悪い癖が出てきていたので、個人レッスンでゆっくりと出来る動きから行うことになりました。

 

身体の一部に痛いところがあると、機能が衰えるだけではなく、気持ちも滅入りやすくなるものです。

 

ぜひ、Hさんのように、まずは、気持ちからでもいいので、外に出て、誰かに話してみませんか?

動きたいという気持ち

 

無くさないように。

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid