ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



健康への想い

2015年8月2日

毎日暑いですね~(;>_<;)

皆さん、暑さは大丈夫ですか?

北海道生まれの私は、ややノビております。

 

 

昔は冷房は身体に良くないから、なるべく我慢(^_^;)とちまたでも言われ、
私も、外との気温が違いすぎると疲れるだろうと、なるべく我慢しようと努めていましたが・・・、

無理ですね(^o^ゞ

今年はテレビでも、
熱中症は、実は室内で起こるケースが多いので、無理せず冷房を使いましょう!
と呼びかけています。

 

 

はい!

夜も迷わず、我慢せず使います。

ただ、膝は冷えるとますます血液の巡りが悪くなるので、冷房つけて長ズボンにしています。

そして、
水分も水やお茶だけではなく、運動時はイオン水を飲んだり、ナトリウムを含んだチュアブルと一緒に水を飲むようにしています。

 

私たちの身体の中身、60%は水分と言われています。
水分と言っても、体液ですね。

 

体液は私たちの身体の中で、重要な役割を果たしています。
栄養分を細胞に届け、老廃物を尿として排泄、そして体温調整。
皮膚への血液の循環を増やし、汗を出して熱を逃がし、体温を一定に保ちます。

 

体液は、ナトリウム、カリウム、マグネシウム、カルシウム、塩素といった成分を常に一定のバランスに保つように、微妙な調整を行っています。
それを一定の濃度に保つことで、身体の機能を保つ役割をしているのです。

 

その中で、汗によって失われやすい電解質、特にナトリウムイオン。
汗をなめると塩辛いですよね。

大量に汗をかいたとき、水だけを飲むと血液のナトリウム濃度が薄まります。
そしてこれ以上濃度を下げないために水を飲む気持ちがなくなり、同時に余分な水分を尿として排泄します。
この状態になると汗をかく前の体液の量を回復できなくなり、運動能力が低下し、体温が上昇して、熱中症の原因となるそうです。

 

早め早めの水分補給で、気を付けたいですね。
汗をかいた時は、ナトリウムイオンを含んだドリンクや塩アメ、チュアブルなどをお勧めします。
そして、ナトリウムだけでは無く、カラダの体液に近い、ブドウ糖も一緒に含んだものの方が、腸での吸収が良いそうですよ。
疲れ具合も違いますよ(^^)

 

さあ、まだまだ暑いです。
みなさん、
熱中症にきを付けてお過ごしくださいね(^^)

 
ラジオ前の、お尻プリンプリンショットでした。

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid