ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



ダイエット

2015年1月8日

ようやく、やる気に !・・・きっかけは?

若いのに糖尿病が発症し、もう10年以上薬でコントロールしている方がいらっしゃいます。
でも、コントロールしきれず、いつも数値は高い状態。
先生にも周りにも、痩せなきゃ、食事の制限もしないと、と言われていても、全然やる気が起こらず、
運動はしているのですが、それ以上に食べる量がとてつもなく多いので、
体重も減らず、血糖値は一番高い時、空腹時血糖値が280mg/dl
普通の人は、70~110mg/dl位、糖尿病の疑いがある人でも126mg/dl位ですから、恐ろしく高い数値です。
HbA1cも、9.1。
普通の人で、6.2未満。


http://lifepalette.jp/contents/show/289 より引用

そんな状態でも、食事の量を減らす気持ちにはなれず、体重も、女性で106キロ。

 

足の裏にも負担がかかり、踵が痛く歩けない時もありました。
なのに、食べる量は減らさない。
自分でも、このままじゃ早死にするよね、と笑いながら話すのですが、
私もどうにか変わって欲しいと、色々な言い方で伝えました。

糖尿病は合併症が怖いよ。
足が壊死する人もいたり、失明する人、腎臓がやられて人工透析になるひとも。
今のうちに少しでも改善しないと、怖いことになるよ・・・と。
厳しく伝えたり、優しく話したり、たとえ話を出したり・・・。

 

色んな言い方をしても結構難しいだろうな・・・、と諦めかけ、とりあえず運動だけはしっかり行ってもらっていました。

 

 

そんなある日。

「先生、もう注射になっちゃうかも!」と血相を変えて話しかけられました。
注射というのは、インスリン注射のことです。

インスリンは、すい臓で作られるホルモンで、高血糖になった状態を下げる働きをします。
このホルモンが、上手く働かなかったり、量が少なかったりすると、ずっと血糖値が高い状態に・・・。
インスリンを注射で一日何回かを365日毎日打ち続けることで、血糖値を正常な状態に戻す治療法しかない、と言われたのです。

 

「注射怖い!注射イヤ!」

実は、彼女
大の注射嫌いだったのです!

 

それからというもの、
今まで絶対しなかった食事制限を始めたのです!

 

見る見るうちに、成果が出始め、1か月で痩せたねとわかるほどに。
周りの人もビックリして、そして応援して、
なんと、3か月で20キロ以上の減。

ただ、急激にやりすぎたので、あとで先生に怒られたのですが、
本人もやれば出来るんだと自身がついたそうです。

 

数値も、正常値、血糖値80mg/dl(ちょっと低すぎ)HbA1Cは、6.2.
ただ、まだ正常値で落ち着いたとは言えないので、今後が本当の頑張りかもしれません。
人間には、恒常性という機能が備わっており、
カラダが危機状態に陥ると、どうにか復活させようと、カラダを戻そうと働きます。
なので痩せすぎると、これ以上痩せると危ない!と痩せないようにセーブをかけるのです。

 

でも、カラダが大丈夫と判断するとまた痩せだします。

 

この、恒常性が働いているときに諦めると、よく言う、
リバウンド
戻ってしまいます。

維持することが次の課題。

 

 

でも、まずは、頑張っている彼女をほめたいと思います。
きっかけがいつ訪れるか、何なのかは人によって違うと思います。
でも、なにかしらきっかけが訪れたら、人は頑張れる!
彼女を見て私も、頑張ろう!と思いました。

 

彼女が、これを乗り越えられるよう、励ましていきたいと思います!

 

頑張れ!
また報告しますね。

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid