ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



健康への想い

2014年1月29日

嬉しかった事 ・ 悔しかった事

先日、私のクラスの生徒さんから、
「骨密度が上がったよ!」と報告がありました。

 

とても嬉しい事です。
もう、4人目でしょうか。
骨密度は、残念ながら年齢と共に下がってくる傾向にあります。

それにも関わらず数値が上がったというのは、スゴイ事なんです!

 

教室での運動はハードな事を行っている訳ではありませんが、
骨に響かせる運動も取り入れるようにしています。
また、週に1,2回の教室だけでは自分のカラダ、
運動量としては少ないので、歩く・自転車こぎ・筋トレを少しでも自分でして下さいね、と伝えています。

 

これだけが効いた!
というわけではなく、色んな運動を通じて、運動習慣が出来たことが骨密度アップに繋がったのではと思っています。
もちろん、カラダを作る食事も大切ですけどね。

 

運動習慣と言えば、悔しこともありました・・・。
心筋梗塞後の友人。
この前の定期診察で血液検査の結果、糖尿病の薬を飲むことになってしまいました。

 

ずっと糖尿病予備軍で、気をつけないといけないね、と話していたのですが・・・、
私がついていながら、防ぐことが出来なかったのが残念でなりません。
もっと色んな言い方や促し方で、運動習慣をつけ食事をコントロールして防ぐようアドバイスすることが出来たのではないだろうか・・・。
とても悔しいです。

 

発症から2年、多少疲れやすいものの、現在は日常生活も支障なく過ごしています。
運動は、一緒にスポーツセンターへ行き歩いたり筋トレをしているときもありました。
また、自分でも家から駅まで歩くようにしたり、休日はポールウオーキングをしたり。
でも、天候や体の調子によって、したりしなかったり・・・。
仕事が忙しくなると、体の疲れを訴え、スポーツセンターは行かなくなってしなくなってしまいました。

 

何度か運動しようと誘いましたが、
疲れているときに言い過ぎると喧嘩になってしまいます。
褒めたり・必要性を話したり、引いたり、喧嘩にならないよう言い方にも気をつけました。

でも私自身も、普通の生活が出来るようになった状態につい気を許してしまい、スポーツセンターに誘うのを控えてしまったのです。

体調管理をしてあげようと思っていたのに、言い合いになりたくない、本人が多少は歩いているから大丈夫かも、あまりうるさく言っても、言う事を聞いてくれないかも知れない・・・と思ってしまったのです。

今回の結果を聞き、気が緩んでいた自分に、ハッとしました。
糖尿病になると、色んな合併症が起こりやすくなります。
また、血管の病気、心臓へのリスクも高くなります。

生活習慣を変えなければ、薬を飲んで多少数値が良くなったとしても根本的な解決にはなりません。

健康運動指導士として、本当は『行動変容』を促さなくてはいけません。
少しでも健康的なカラダを作るために、生活習慣を改善して頂くために、
色んな言葉かけをしながら導いていくのも、この資格を持っているものとしての役目なのです。

 

 

『行動変容』
難しいです。

その人の、生活・考え方を変えてもらおう、というものです。
言い方ひとつで、やる気になって頂けるときもありますが、気持ちを傷つけたり反感を買うこともあります。

 

でも、変えたい、変えてあげたい。

カラダは、待ったは無いのです。
次、心筋梗塞を起こしたら、多分アウトです。

試行錯誤しながら、褒めたり、なだめたり、きつく言ったり、色々試してみます。

 

嬉しかったこと、悔しかったことありましたが、
この仕事が大好きです。
経験を積んで、色んな方に対応できるように、努力したいと思います。

来月は、なんと香川県で講演の話が来ています。
行動変容の話。
私の話を聞いて、少しでも行動を変えようという気持ちになってもらえる講演が出来るよう、頑張ります!

 

では、今日も良い一日をお過ごしください(^^)
 

管理人 健康運動指導士 sunnykid