ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



健康への想い

2013年12月26日

骨密度を増やす  講話&運動

先日、愛知医科大学運動療育センターで、
骨密度を上げる為の講話と実践運動のイベントが行われました。

普段は、運動だけのイベントを行っていたのですが、
男性の会員様から、音楽で踊る教室はイマイチ参加しづらい。
勉強系のイベントだったら参加したいとの声が出ていたので今回は、講話&実技を計画しました。

 

まずは、骨の代謝についての勉強
骨をつくる骨芽細胞の話など為になる話がたくさん!

骨は出来てしまうと、もう変わらないように思われがちですが、
実は、古くなった骨は壊され新しい骨へと変わっていくのです。

でも、それが年齢や、ホルモンの関係、運動不足、栄養不足が原因で、骨を壊す方ばかりが進行し、作る方が追い付かずスカスカの状態になってしまう状態が起こります。

 

これをどう防ぐか!?

 

まずは、身体の成分、骨の栄養です。

皆さんもご存じの通り、カルシウムは大切ですね。
また、カルシウムの吸収を促す栄養素も食事に取り入れる事が大切です。

骨の材料となるのがカルシウム、
骨代謝を盛んにするビタミンD、
骨の形成を促すビタミンK、
タンパク質も骨の材料となります。
カルシウムを単品で摂るより、ビタミンDを同時に摂ることで、腸でのカルシウム吸収率もよくなり、骨形成が促されると言われています。
バランスの良い食事が大切なんですね。

参考に、
カルシウム → 牛乳、乳製品、小魚、干しエビ、小松菜、チンゲン菜、大豆製品

ビタミンD → サケ、ウナギ、サンマ、シイタケ、キクラゲ

ビタミンK → 納豆、ホウレン草、小松菜、ニラ、ブロッコリー、サニーレタス
キャベツ

過度のコーヒーの飲み過ぎは栄養の吸収を妨げると言われています。
日光浴も大切ですね。

 

そして、運動!
有名なフラミンゴ体操!
昔から、骨密度を増やす体操として有名な体操です。

そう、片脚立ちですね。

骨には骨に力が加わり、骨が圧迫されると、その力に応じて骨は自分で自分を強くしようと働きます。

運動をして骨が圧迫されてたわむと、骨をつくる骨芽細胞を活動させる物質を放出します。それにより、骨をつくる骨芽細胞が盛んに働き始め、骨量が増えて骨が強くなるそうです。

その他にも、縦の刺激として、踵落とし、
下肢筋力の強化を図る、スクワット

脚を縦に開き曲げ伸ばしする、ランジ背筋を伸ばす運動などを皆さんと一緒に行いました。

その他にも、
早歩きやエアロビクスなども、骨に負荷がかかるのでお勧めですよ!

私達を作っている骨は、とても大切です。
冬は特に寒いので、運動しようという気持ちが萎えがちになってしまいますが、
家にいても出来る運動、片脚立ちや、スクワット、踵落としなどは、是非試してみてくださいね!

骨に刺激!
人生に刺激!与えて行きましょう!!

 

 

 

年末、私は掃除三昧です。
普段サボっていたつけが回ってきた~って感じ・・・。
祭日もクリスマスも無く、掃除!整理整頓!
生活習慣改善に向けて、頑張っています!

 

皆さんは、どんな年末過ごしていますか?

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid