ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



ヨガ

2011年5月13日

心と身体をくつろがせる

お久しぶりです。

ヨガインストラクターの愛子です。

今年度が始まり新しいスケジュールにバタバタ・・・
とはいえ、ロコモセラピーを2ヶ月お休みしていました。
これからまた皆さんが生活に取り入れられるヨガの“イイコト”情報を紹介していきます。
よろしくお願いします♪

今回ご紹介するのは、たくさんのポーズを動く前にまず!!マスターして頂きたいポーズ。
それは、こちら

 

えっ!!ただ寝転がっているだけじゃない!?
いえいえ、これも立派なポーズです!

くつろぎのポーズ(シャバアサナ)といいます。
他のポーズを行った後やポーズとポーズの間に行います。 

①    仰向けに寝る
②    両手は斜め下の楽な位置、手の平は天井に向け、足は腰幅に開く
③    全身の力を抜き、深く自然な呼吸を繰り返して心はリラックス
④    頭の中をからっぽにし、段々と全身の力が抜け、身体が床やマットへと沈み込んでいくようなイメージをする
これを2~3分行います。

①    ②の様に寝転がるのは簡単っ!
ですが③の様に今まで使っていた筋肉の力を緩めることは意外と難しいものです。

例えば、長時間のパソコン作業をしている時、背中は猫背でディスプレイとジ~ッとにらめっこ。
不自然な姿勢を続けることで肩の力がなかなか抜けず、肩凝りになることがあります。
その他にも、普段からの使いやすい筋肉の収縮によって身体のアンバランスが生じ、悪姿勢にもつながります。
普段から使いやすい筋肉は、無意識に収縮し、力が抜けにくくなってしまうのです。

このポーズではただ寝転がるのではなく、身体の隅々まで意識を集中し、自分自身で力が入っている部分を感じ取り、余分な力は抜きます。
どうしても力が抜けないときは、その部分をゆらゆらと揺すってみると緩めやすくなります。
そして、頭のてっぺんから手や足の指先までジワジワ~っと染み渡る効果を感じていきましょう。

 全身に意識を集中することで、
◇疲労回復
◇この前に行ったポーズの効果を身体中にいき渡らせる
などの効果があります。

最後に、忘れてはいけないのが④のように頭をからっぽにする事。
これがとても大切!
考え事をしていると、眉間にしわが寄ったような気難しい顔になっているかもしれません。
誰もいない広~い野原で横たわっていると、そよそよと気持ちの良い風が吹き、頬を撫でていく・・・ようなイメージをしてみましょう♪
大海原でも、空に浮かんでいるようなイメージでも一番心が癒される場所をイメージできればOKです。

 

心がリッラクスしてくると、自然と顔も穏やかになっていきます。

夜寝る前に色々と考えすぎて、頭が冴えてしまいなかなか眠れないような経験はありませんか?
是非くつろぎのポーズをマスターして、寝る前に心と体をリラックスさせてみてください。
いい夢を見て、すっきりとした朝を迎えましょう♪

ヨガインストラクター 愛子