ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



新着記事

記事一覧へ

2017年6月19日

健康の為に歩いたら(走ったら)・・・膝が痛くなった

テレビや雑誌でも、

健康の為に「歩くのが良い」と言われています。

 

本当に歩くことが、必ずカラダに良いのでしょうか?

 

私は、必ずしも良いとは思いません。

 

膝が痛いと整形外科に来られる方で、

健康の為に歩いていて、膝が痛くなったとおっしゃる方がたくさんいらっしゃいます。

そして、

痛いから歩くどころか動かなくなる、また膝の痛みが増す、という悪循環に陥っている方が多いのです。

images

膝が痛くてもできる運動。

 

実は、たくさんあるんですよ。

 

歩くのが悪いわけではありません。

歩くの前にすることがあります。

歩く時に気を付けるポイントがあります。

 

膝のケアをせずにただ歩くということは、自分で膝を傷めつけていることがあるのです。

 

機械でも、動きが悪くなったら、油をさしたりメンテナンスを行います。

 

人間のカラダも一緒。

 

自分の膝、ケアの仕方ご存知ですか?

 

もちろん膝だけでは無いですが(^^;)

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年6月2日

物の見方は一つじゃない

昔、肩が痛い、膝も不安だと言っていた方と話していたら、

「昨日は、山に登って木を切っる作業を終え、とっても心地よいことをさせて貰った」と、
昨日のカラダを使う出来事に、感謝の言葉を・・・!

 

 

見方を変えれば、
大変な思いをして山を登って、疲れたのにも関わらず木を切る作業まで手伝ってあげて、疲れた・・・。

という考え方をするかもしれない出来ごとです。

 

 

なのに、
この方は、
こんなに動けるようになり、健康になったことを実感し、
幸せを感じたと話して下さいました。

 

景色の良い所で、良い空気を吸い、身体を動かせた心地よさ、
そして道中のバスの中では、ケアを怠らず足のマッサージをし、たまにバスの中でも座る姿勢を意識してたら、全然疲れが翌日に残らず元気そのものだと・・・。

DSC_1116

同じ出来事でも、カラダと心が変わると、
感じることと、出てくる言葉が違いますね。

 

動けるカラダを作るのには、少々時間がかかります。

自分のカラダの変化に気づき、ちょっとした気遣いができるようになってくると、大分楽になってくる頃です。

もちろん、完璧に若いころと同じような動きが出来るわけではありません。
そんな中でも自分の中に幸せを感じる。

素晴らしい考え方だと思います!

 

もう一人の方は、
腰の手術をされた方です。
凄く元気に回復され、なんの不自由もないように過ごしてらっしゃるので、周りの方からビックリされます。
でも、実は・・・、
痺れは残っているそうです。

これをどう捉えるか?

手術をしたのに痺れが取れないと、嘆いて毎日を過ごすのか・・・。
痺れは多少残ったが、痛みが取れ、こんなに動けるように嬉しいと、自分のやりがいを感じることをして毎日を過ごすのか・・・。

 

物の見方、考え方ひとつで、人生までが変わってくるように感じます。

 

 

今日も、
サークルのメンバーさんと話していて、
前向きな物の見方に、とても元気を頂きました(^^)

私も、前を向く考え方を!!

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年5月8日

健康のための運動とは?

「運動」

言葉からイメージすると、
スポーツや走るということを思い浮かべる方も多いと思います。

では、健康のための運動とはどういう運動なのでしょうか?

 

 

「運動」

運ぶ、動く、
人は、生活するとき、移動をします。
動く。
人は、物を運び移動をさせます。
運ぶ。

この、生活で必要な動作、
動く、運ぶ、こそが大切なキーワードなのではないかと思います。

健康のための運動とは、
生活をするための動きを楽にするためのもの。

加齢とともに、衰えていく身体、動きを少しでも改善したい。

加齢と共存し、生活で不都合を感じず、好きなことを好きな時に行うことが出来たら。

健康と言えるかもしれませんね。

そんな、
健康のための運動。

これからも色んな方へ紹介していきたいと思います。

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年5月3日

イオンモール長久手 健康アップカラダスリム講座

4/29

イオンモール長久手のイベント、無事終了いたしました(^o^)

DSC_0787

ゴールデンウィークのお忙しい中、参加して下さった皆様、ありがとうございました。

地元開催ということで、チラシ効果で懐かし面々にお会いすることができました!
久しぶりお顔がチラホラ、嬉しかった(^o^)

 

今回の内容は健康アップカラダスリム

生活習慣をテーマにお話させて頂きました。

痩せると言うことは、今の生活のままでは残念ながら無理ですよね。

そこで、何かを変えなければいけません。でも、変えることでストレスもかかり、リバウンドしてしまう方がほとんどです。

その時だけ頑張るのではなく、生活事態を変えようと思わないと、続けることが難しくストレスになります。

 

なので、

できること、出来そうなことからで良いのです。

1つでも2つでも出来ることからチャレンジ。

 

そのためには、

なぜ変えたいと思うのかをたくさん考えて、なりたい自分を強く思うこと!

 

もちろん、痩せやすいコツはあるので、そこはお伝えさせて頂きました。

 

そして、少しでもできた自分を誉めてあげて、次のステップへ。

 

心拍数のお勉強もバッチリ行いましたよ(о´∀`о)

皆さん驚いていたのが、
窓ふき運動で心拍数が結構上がった事。
エアロビクスと同じくらいの活動量がありましたね。

 

さあ、
くじけそうになったら、いつでも相談受け付けますよ\(^^)/

1493438831416

 

今回、
イオンモール長久手でイベントを開催するにあたり、お世話になった皆様に感謝します。ご縁をありがとうございました。

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年4月21日

家族だから、気づかなかった・・・



先日、教室生徒の48歳Kさんに、77歳のお父様のことで相談を受けました。
「父が脚を痛がって、動かすの嫌がるんだけど、どうしたら良い?」
状況を細かく聞いてみると、
一月に内臓系の病気を患い、大事をとって安静にと言われ、家でしばらく寝ていたそうです。
お風呂に入るのも辛そうで、娘であるKさんや妹さんが交代でお手伝いをされていたそうです。

 

2月になり、だんだんとそれも大変となり、介護へルバーさんを頼んでみようかということで、介護認定を受けたのが、3月。

なんと、

介護認定は「4」

 

家族はとても驚きました。

そして、その時に言われた言葉が、

「床擦れが出来てますよ」

 

 

まさかそこまでだったことに、ショックを受けたそうです。

 

具合いが悪いから、寝かせていただけなのに。

一月までは、動けてたのに。

すぐに元気になると思っていたのに。

 

「寝たきり」という言葉を聞くと、まだまだ関係ないと思っていても、実は突然のように訪れて来るものなのですね。

 

両親がそろそろ、年老いて来ていると理屈では分かっていても、なかなか現実として受け止める事が出来ない。

 

そして、知識がないと、もしかするともっと後で訪れるべき事が、早く訪れてしまうかもしれない。

 

そこからリハビリが始まったそうですが、膝は拘縮しており、伸ばそうとすると、痛い痛いと叫び、結局ほとんどリハビリは出来ず。

 

Kさんは困り果てたのと、まだ驚きがあるのとで、どうにか元に戻らないのかとの相談でした。

 

ここまで来てしまうと、健康運動指導士の範疇を越えていますが、

膝が伸びづらくなってきたと感じて運動をしている方に言うことは、毎日少しずつでもいいから動かしてね、ということです。

知らないうちに、曲げ伸ばしがしづらくなるのが老化です。

 

一度固まった関節を無理やり伸ばすことは出来ません。徐々に伸ばすように皮膚や筋肉に刺激を与えていく、リハビリが必要です。

 

Kさんのお父様のリハビリを増やしてもらうが出来ないのであれば、Kさんが実家を訪ね、家族としてマッサージを行う。

同い年の母がマッサージをしてあげるにが大変であれば、有料でリハビリをお願いする。

 

 

やはり、いまさらですが、

そこまでに至らぬうちに、全ての関節を動けるように、言葉の通り、寝たきりではなく、少しでも良いから起き上がり、自分の力で動ける所は動き行う。

 

いつかは、

最後を迎えるのですが、

出来たらいつまで元気でいて欲しい。

 

元気でいてほしいからこそ、

親には言いづらいし、うるさいと言われるかも知れないけど、動く気持ちをいつまでも持っていて欲しいと伝えるか、一緒に旅行に行こう!と誘うとか。

 

 

そして、ただ意味もなく動くのではなく、

楽しみのある目標も(*^^*)

 

 

私も、

今度、里帰りをするので、親の状況を見てきます(^o^;)

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年4月15日

イオンモール長久手にて イベント開催!

4/29

イオンモール長久手にて、一日だけのスペシャルイベント。

IMG_20170413_182458
『健康アップカラダスリム教室』を担当させて頂きます!

 

ゴールデンウィーク
ご家族で参加もOKです。
健康運動指導士の立場から、とメタボの怖さ、運動の話、食生活の話。目標設定について、講話と体験を交えてお話しさせて頂きます(^-^)

 

IMG_20170414_121317

少しでも、皆様のお役に立てるよう、精一杯務めさせて頂きます。

よろしくお願いいたします!

http://nagakute-aeonmall.com/news/event/114/page:1

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年4月9日

ノリタケの森ギャラリーにて

昨年、名古屋フィットネスフェスタで大変お世話になった、
医療法人 貴友会 あおい在宅診療所の患者さまとご家族さまの作品展が、ノリタケの森ギャラリーで開催されます。

FB_IMG_1491665875153

あおい在宅診療所の事務所へ伺った時、本当の意味での「こころに寄り添う医療」を目指しているという話や色々な取り組みをされているのを教えて頂きました。

そして、まだ終末ケアの事を知らない方、看取りの事を知らない世代の方にも、
在宅でお外には出れなくなったけど、でもその方らしくイキイキと人生を過ごされている姿を作品という形で皆さんにみてほしいとブース出展をして頂きました。

この企画をされている方は、とっても温かい想いを持っている方です。

http://www.aoi-zaitaku.jp/sp/policy/

2回目となる今回は、作品はもちろんのこと、展示の仕方も飛躍した作品展となっているそうです。

心のこもった作品を見に行きます!

是非皆さんも、「生きる」
ということを感じに行かれませんか?

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年4月8日

終わりと繋り

3月末で、長年続いた教室が終わりを迎えました。

 

でも、

きっとこれは、何か意味があること・・・。

そして繋がりは、そう簡単には途切れそうにないような気がします。

 

 

本日、メンバーさんが送別会を開いて下さいましたが、私にとっては決起会のイメージ。

 

お別れではなく、新たな何かが始まるような・・・

DSC_0506

いつもは、教室でしかお話しする機会がない方達と、ゆっくり食事をしてお話しする事ができたのも、教室が終わることになったからこそ(^o^;)

 

今回、せっかくの機会だったので、私より人生を長く生きている方々の、元気で前向きな理由を聞いてみました。

 

というのも、

老いる事によって人生に不安があったり、身体の動きが悪くなり痛みが出てきたり、病気が見つかったり・・・。連れ合いが先に亡くなり一人暮らしになったり・・・。

そんな状況の中で、なぜ皆さん元気なのか、その原動力は何なのか?率直な考えを聞いてみたくなったのです。

 

皆さん、それぞれ環境は違いますが、

趣味をお持ちの方が多いようです。

そして仲間がいること。

それも、一つの趣味の仲間だけではなく、色んな趣味の色んな仲間。

寂しい時ももちろんあるけど、一人でちゃんと過ごせる事。

前向きな気持ちは、ものすごく先の将来の事を目標にしているのではなく、一日一日を大切に過ごしていること。

自分できちんと楽しみを見いだし、少し先の目標を立て、それを達成する。

畑で種から成長していく様をみることが凄いと感じられる。

お一人様の旅があり、そこで出会う人間模様を楽しんでいる。

病気が見つかっても、やりたいことはやる。

自分より先輩で元気な方をみて、目標にしている。

 

DSC_0507

運動をしている方は、行動や考え方もポジティブだなぁと感じます。

私自身、ふと将来の事を考えると不安になることがあります。

でも、こうやって人生の先輩と色んな話をし、あたたかい繋がりを感じさせて頂き、皆さんを目標にして、私も、自分らしい人生を歩んで行こうと思いました。

 

そして、健康で過ごす為の身体作りという点で、少しでも皆さんのお役に立てることがとても幸せに感じます。

 

ありがとうございました。

 

 

 

また、皆さんにお会いできるの日を楽しみに(*^^*)

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年4月7日

お花見ウォーキング(^^)v

お花見ウォーキング\(^o^)/

DSC_0498

新年度のにっしんスポーツクラブの教室
始まりましたぁ

朝は雨が降ってたので、お部屋トレーニングかと思いましたが(((^_^;)

雨が上がって、サクラウォーキングできました!

嬉しい😃💕
気持ち良かった

DSC_0504

今年度も、にっしん教室3クラス
よろしくお願いいたします🎵

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2017年4月6日

個人レッスン

人により、悩みは様々。

同じ部位の悩みでも、実は動きが違うとアプローチする場所が変わってきます。

本日の個人レッスンは、
80歳を過ぎても、自分のカラダをちゃんと動かしたいと、
意欲を持ち色んな事にチャレンジしている方です。

 

痛みがあるからと言って、家にじっとはしていません。

でも、年齢や日頃のクセで、

関節は、正しい動かし方を忘れているので、
再教育をしていきます。

DSC_0494

筋肉の再教育。

 

聞きなれない言葉かもしれませんが、
私の師匠整形外科医のefu先生と、整形外科医のN先生が一緒に考えた言葉だそうです。

 

今まで出来ていたことが出来なくなる。

だったら、もう一度思い出すように、覚えれば良いのです。

 

何回も動きを反復することで、使えなかった筋肉が動きを思い出し、
カラダはまた動くようになる、そんな仕組みです。

 

自分ではなかなかわかりにくいので、鏡で見たり、人に見て貰ったりも必要ですが、1~2か月くらい経つと、動けるようになってきます。

 

ただ、
何事もなかったように、治ったわけではありません。
一度出来た傷は、一生付き合っていかなければなりません。
今の関節の動ける範囲を上手にコントロールして、自分の生活で使いやすいカラダに近づけて行くことが運大切ですね。

もちろん、年齢が若ければ、それだけ動きも改善されます。

 

 

運動でできることは、血液の流れを良くして、筋肉を動かしやすくする。
筋肉が動きやすくなると、アンバランスを解消しやすくなる。
筋肉の動きを滑らかにして、関節の動きを促します。

 

 

 

まだまだ諦めず、
素敵な人生を過ごす為に、効果的に「運動」してみませんか?

個人レッスンの申し込みは、
右端の『問い合わせ』よりお願いします(^^)

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

記事一覧へ