ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



新着記事

記事一覧へ

2016年8月21日

『介護予防を地域として、一人一人として考える』

長久手市の健康づくりや保健事業で、中高齢者の方へ、運動指導をさせて頂いてます。

参加者の年齢で一番多いのが、65歳から75歳。

私よりも元気じゃない?って方もいらっしゃいますが、年代としては介護認定を受けている方もいらっしゃる年代。

 

健康運動指導士として、
介護予防事業に関わり、何を伝えるのか。

 

長久手市生活支援コーディネーターの朝見さんからお誘いを受け、
長久手市共催、NPO法人つづら主催の、シンポジウムへ行ってきました。

DSC_7695

DSC_7696

地域での取り組みとして、
色んな事例も聞くことができ、勉強になり、色んなアイディアも浮かんで来ました。

 

8/23は、
長久手市保健事業アドバイザーとして、
『毎日元気!まちの健康教室』で、運動とお話をしてきたいと思います!

 

 

予防。

介護予防の相互扶助の理念を運動で広める為に。

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年8月8日

運動とリハビリ

最近、運動指導をしていて悩むのが、
運動とリハビリの狭間にいる方。

 

集団で指導をするのは、限界があります。
本人の為、一番悩んでいるところを少しでも良くしてあげる為には、
どうしても個人指導を勧めたい。

 

個人指導では、カラダの使い方を動作の真似るだけではなく、
実際の感覚を体感できるので、動かし方を習得しやすく、自分で行う時も再現がしやすいという利点があります。

 

ただ、
個人指導は、リハビリの分野に入ってくることも。

 

リハビリと、運動の違いって何なのかなぁ~。

DSC_7385

病的な体力の減少、筋力の低下は、やはりリハビリの分野に入ると思います。

 

今、訪問介護が進んでいて、ご自宅でリハビリが可能になってきました。

 

介護と聞くと、まだ違う、お世話になりたくはない・・・、と思っている方も、多いのですが、
外に行けず、体力が落ちて気力も落ち、歩くのままならなくなってきた・・・。

ほっておくと、どんどん体力や筋力は落ちてきます。

 

 

 

何も病気がなく、家を出るのがおっくになり、運動不足に・・・という状態であれば、健康運動指導士の個別指導でご自宅レッスンでもOK.

 

でも、病的に体力や筋力が落ちてきている場合は、
是非、訪問介護を利用してみてください。

 

理学療法士の方が家に来て、リハビリを行ってくれるシステムがあるのを使わない手はありません。

ずっと介護ではなく、卒業されて元気に外に出られるようになる方もたくさんいらっしゃいます。

 

昔、スポーツジムに通っていたけど、今は通うことも大変だと感じる方。
何かの解決や少しでも進行を遅らせることになるかもしれません。

 

一度、お近くの包括支援センターで相談だけでもしてみてくださいね。

 

 

是非、使えるものは使って、
少しでも気持ちが元気になって貰いたいと思います。
人は必ず歳を取り、いつかは最後を迎える・・・。
どんな状況にあっても、その状況の中で生きる。

 

あおい在宅診療所の方と話す機会がありました。

ベットでほぼ寝たきりの生活を送っている方にも、生きる喜び生きがいを感じてほしいと、色んな取り組みをされています。

http://www.aoi-zaitaku.jp/news/

 

 

色んな分野で、色んな方が、生きるということに前向きにかかわろうとしている・・・、とても共感を覚えました。
いつかは別れが来ますが、最後には、
出会って良かった、って思いたいから。

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年7月26日

自分にできることを精一杯する

バタバタした毎日を過ごしていますが、
皆さんは、暑い夏、いかがお過ごしですか?

 

 

野球部の息子。

最後の夏が終わりました・・・。

 

DSC_7490

野球少年の目指すところは、やはり、甲子園!

野球が大好きで、本当は、クラブチームに入りたかったのですが、
家庭の事情で入れてあげることが出来ませんでした。

小学校・中学校・高校と部活で野球を続けてきましたが、
割と野球の強い学校に入ると、みんなクラブチーム上がりの子ばかり・・・。

結局、最後の夏ベンチには入れたけど、9人のメンバーに入ることはできませんでした。

 

親として、出来ることを精一杯やらせてあげたかったのに、なぜあの時クラブチームに入れてあげられなかったのだろう・・・、後悔をしています。
でも、後悔しても何も解決しないですし、息子は、ずっと、自分のできることを手を抜かずに、精一杯やって来ました。
そのことで息子が私を責めたことはありません。

最後は、私も腹をくくって、応援に徹しました。

 

彼の得意分野は、
みんなを見れること。

声を出すこと。

毎回試合のたびに、声をからして、応援や指示出しを行っています。

 

夏の試合も、三塁コーチャーを任され、2試合の前日。
強いと言われる対戦相手の試合のDVDを見て分析をしていて、明日は代打も出ない、三塁コーチャーに徹すると言い、

部員に分析した結果をLINEで伝え、一生懸命自分にできることを行っていました。

 

そして当日、

IMG_20160718_230000

残念ながら負けてしまいました。

 

自分も出たかったと悔しがるのかなと思ったら、

 

なんと、笑顔!

皆が精一杯プレイしていたのが、嬉しかったと。

もちろん悔しいけど、やれることはやったからと、晴れ晴れした顔をしていました。

一生懸命やって、でも相手の方が全てにおいて上だった。
そんな相手と出来て嬉しかったと…。
そこまで、頑張ったと言い切れるって素晴らしいなと思いました。
そして、笑顔で終われるのは、幸せなことなんだな~と。

 

それを見られた私も、親としてとても幸せでした。
なかなか仕事仕事で、ほとんど親としてしてあげられなかったけど、
仕事の形態が変わって、最後の半年はようやく親らしいことをしてあげられ、本当に幸せでした。

 

 

わがままを言って、仕事の調整をさせて頂き、クラスもお休みを頂いたところもあり、大変感謝しております。

 

 

 

親バカの私は、
彼の、野球やチームプレイに対する考え方、物事に取り組む姿勢を尊敬しています。

 

 

私も、仕事や家の事、色々あり、
果たして、自分にできることを精一杯やっているのだろうか・・・と、考えらされます。

 

やりたいことと、やらなければいけないこと、
必要なことは、同じとは限りません。

 

人間のカラダもそうですね。

 

歳をとると、やれなくなること、昔はできたのにカラダが思うように動かなくなることが起こってきます。

 

もちろん、ショックで嫌だなと思うこともありますが、
そんな時、悲観的になるだけではなく、
その時々その自分のステージで、できる事、やりたいことを精一杯できるって幸せなことですね。

 

前向きに、プラスに、自分らしく生きる。

 

そんな頑張る人のカラダづくりを応援し続けたいと思っています。

 

 

それが、私が、出来ることを精一杯やる、伝えるってこだと。

 

 

息子の最後の夏を見て、私が感じた事でした。

 

 

さあ、次は、
受験生の母も頑張ります!

 

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年7月9日

介護と介護予防を感じて

今、一番考えるのが、介護予防の事。

 

ロコモ予防の専門家として、日常生活動作の運動指導をしていて思うことがたくさんあります。

 

人間のカラダは必ず歳を取り、
ピンピンコロリとはなかなか行かず、

老化・疾患、色んな事が起こります。

 

その人が、何か悪い事をしていたわけでもなく・・・。

 

でも、実は防げる病気や症状を緩和できる事もあると言われています。

また、病気になっても、気持ちの持ち方で自分のカラダとの付き合い方が変わってくることもあります。

 

 

反対に、病気は大したことがなかったのに、
悩んで悩んで疾患の事ばかり考えて、自分で新たな病気を生み出してしまうこともあるのです。

 

病気になったことを、無しにすることはできません。

後悔しても、残念ながら治ることはありません。

 

 

だったら、どう老化や疾患と付き合っていくのか。

毎日、あれもできなくなった、これもできなくなったと悩むよりも、

これはできないけど、こっちができるようになった、

新たに、やったことのないことへ挑戦してみよう!と考えた方が、人生前向きになるのではないでしょうか?

 

当事者じゃないから、何でも言えるんだ!

とお叱りを受けるかもしれません。

 

 

でも、最初はもちろん落ち込んでいたけれど、
そうやって病気と共存しようと努力してきた方を何人も見てきているからこそ、可能性を諦めてほしくない!と伝えたいのです。

 

痛みと付き合いながら生きていく。

辛いことだと思います。

 

一筋の光でも、ほんの少しの喜びでもいい。
友達と、電話だけではなく、合ってお互い元気を分かち合いませんか?

DSC_7411

運動ではない、そんな動きもありだと思います(^^)

 

自分らしく最後まで過ごす人生。

 

介護と介護予防に狭間で、思います。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年6月26日

お勉強、始まりました!

ロコモ予防・介護予防を専門で、健康運動指導士として指導させて頂いてます。

予防ということは、まだ介護保険のお世話になっていない方、もしくは要支援の段階にある方が対象です。
骨格について、機能について、疾患について、介護予防について、
色んな勉強をしてきましたが、もうオシマイということはありません。
生涯勉強ですね。

 

産まれ、育ち、社会に出て、歳を重ねる。
老いを感じ始めたとき、不安になる方も多くいらっしゃいます。
痛みが出てきて、この先自分はどうなってしまうのだろうと、途方に暮れる方も。
何事もなく過ごしてきて、急に衰えに直面すると、もっと早く知っていたら・・・と。
高齢者と呼ばれる年代の方だけの問題ではなく、ロコモ予防はもっと早い年代から必要だとひしひしと感じます。

 

 

老いを止めることはできません。

でも、衰えの進行を遅らせることはできないだろうか、
上手に老いと付き合いながら、素敵な歳の重ね方をすることはできないだろうかと、日々考えています。

 

不安を抱えている人が、何を思い、どうしたいと思うのか。
解消できるきっかけは?
元気にイキイキと過ごしている方は、何を考え、何をモットーにカラダと心とお付き合いをしているのか。

 

そんな事を、リハビリ現場に寄り添わせて頂き学んだこと、整形外科医のefu先生から学んでいることを踏まえながら、クライアントさんと話す時に聞いたり感じたりしながら積み重ねてきました。

 

色々なご縁で、また新たな勉強をする機会を頂き、
その先に何があるのかを勉強してみようと思います。

DSC_7277

 

もっと詳しく介護を少しでも知ることで、
予防に大切なものが、もっと見えてくるだろうと、
本日何冊もの教本を頂き、ワクワクしています(^^)

 

現在も、デイサービスで勤務もさせて頂き、
予防と、介護の間を感じています。

 

感覚を研ぎ澄まし、新たな知識や情報を吸収していきたいと思います。

 

このような機会を与えてくださった、関係者の皆様に感謝したいと思います。

 

ありがとうございます!

 

息子も、大学受験、娘も就職に向けて学業に励んでいます。
私も負けずに、睡魔と老眼に負けずに頑張ります!

 

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年6月19日

姿勢改善、ポールウォーキング

天候が気になる、ポールウォーキング。

本日は、雨がパラパラ降っていたので、室内で行いました。

雨だからがっかり・・・、というわけでもありません。実は雨だから嬉しい事も!

 

私が一番伝えたいのは、自分のカラダに合わせて歩くということ。骨格や筋肉、疾患や痛みに応じた歩き方やカラダの動かし方。

なので、雨が降って嬉しいんです。

しっかりと自分のカラダを知るためには、ゆっくり歩く止まって感じたり、部分的に動かして衰えている筋肉を鍛え、凝っている筋肉を伸ばしたり。

そう考えると、雨の日でもやる事がたくさんあります。

今日のメニューは、

足裏&指輪マッサージから。歩く動作で大切なのは、やはり足 の裏です。

IMG_20160313_115226

地面接地しているのは、足の裏、指だけです。こここの働きが衰えて来ると、ビズミは上のカラダにも伝わってきます。

足の指やアーチを使える用にして、そこから歩くへ持っていきます。

 

室内で練習を何回もしてから、外の廊下へ。

ビデオ撮りもしながら、自分の歩行や姿勢を客観的に観ていきます。

 

IMG_20160619_115137

百聞一見にしかず

こんな風に歩いてるのねと、納得。

たまには、雨もいいですね。

 

晴れていたら、もちろん外を歩きたいですね。

長久手か温泉ござらっせの周りは、歩く為のコース環境がとても良いところです。

来月は、暑さに負けず、香流川沿いを歩く予定!

 

次は、7月30日、土曜日です!

今日も温泉&食事と、終了後はゆったりとした時間を過ごしています。炭酸泉は、カラダに良く、疾患だけでなく美肌にも良いと言われています。

カラダも心も満足な一日でした。

DSC_7250

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年6月17日

6月19日は、ござらっせでポールウォーキング

普段は、あまり歩くまで至らない、ポール教室。

歩くための基礎づくりを学んで欲しく、室内で行います。
鏡を見たり、ビデオを取ったり、
ゆっくり姿勢を感じて頂いてます。

 

でも、たまには外で気持ちよく歩きたい。
一人では不安だけど、みんなとなら歩けそう。
姿勢チェックしてもらいたい。

 

そんな方にお勧めなのが、
長久手温泉ござらっせで開催する、ポールウォーキング教室です!

574696ed43506
香流川周辺を歩くので、車も気にせず、素敵な景色と空気の中、ゆったりと歩けます。

 

個人のペースで歩ける周回コースなので、ついていけなかったらどうしようなど、
気にせずに参加できますよ。

 

もちろん前半は、講義と実技で、しっかりロコモ予防や、筋肉の使い方を学びます。

 

寸前の告知で申し訳ありません。

お時間のある方、
炭酸温泉とセットで、一緒に歩きませんか?

疲れた筋肉の回復効果の高い、炭酸泉
地域の野菜を購入できるあぐりん村も併設。
飲食店も何店舗かあるので、1日中のんびりと過ごせます。

 

さあ、19日は、ござらっせに行こう!

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年6月9日

色々、いろいろ、行っていますが・・・想いはひとつ

愛知医科大学運動療育センターを卒業してから、色々活動を開始し、
目まぐるしい毎日を送っております。

 

介護の世界にも足を踏み入れました。
デイサービスでの勉強と運動プログラム作り。
児童デイでの障害を持つお子さんへの指導の勉強。

介護系柔道部で、介護予防に役立つ受け身を研究したり、
アンチエイジングをテーマに、やはり受け身を中心に何か生かせないかと勉強しています。

長久手市の健康づくり事業にも、前よりも深くかかわらせて頂き、奮闘中です。

いつもの自分のレッスンはそのまま続けさせて頂き、にっしんスポーツクラブや東郷町施設サービス株式会社でのアドバイザー業務といこまい館でのレッスン。
長久手温泉ござらっせさんとの健康づくり事業である、ポールウォーキング・ロコモ予防講座
黒川スポーツセンターでの、休館日の貸し切りレッスン。
市町村での介護予防教室・ロコモ講話。
長久手のサークル。

疾患を持つ方でもできる運動のパーソナルレッスン。

名古屋フィットネスフェスタ2016の実行委員

医大生と作る『三世代交流ダンス』の監修
そして、バックアップして下さる、名古屋大学研究室との取り組み。

名古屋市南区の企画で、
シニアファッションショーへ参加される方への講座の講師も担当させていただくことになりました。

図1
28前期 シニアファッションショー

色んなことしてるね、と友人からも言われます。

 

でも、

想いはひとつなんです。

 

みんなに元気でいて欲しい。

身体の事で悩むと、元気がなくなります。
精神的にも追い込まれ、いつもいつも身体の事ばかり考えてしまい、
自分で病気を作ってしまうこともあります。

 

そんな悩んでいる人が、少しでも元気になり、
自分の目標を持てる、元気になるお手伝いがしたい。
自分がそうだったように・・・。

この想いは、『ロコモセラピー』のブログを始めてからずっと変わりません。

そしてこれからも。

応援して下さる皆様や、色んなご縁に感謝し、
少しずつ、私も前に進み、
何らかの形にしていけたらと思います。

 

切磋琢磨しておりますが、
これからもよろしくお願いいたします(^^)

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年6月3日

経営のお勉強

最近、運動や疾患の勉強だけではなく、経営の勉強を始めました(*^^*)

今は、個人事業主『ロコモセラピー』代表として活動を行わせていただいてますが、事業が増えてきたのと、大手企業さんとのお仕事もあり、そろそろ法人格にしようかと考えています。

 

『ロコモセラピー』の教室や、市の教室、スポーツセンターなどで出会い、今まで運動指導を受けて頂いた方は、年配者が多く、人生の大先輩です。

 

今まで色んなお仕事や経験を積まれてきた男性や女性、
私の知らない分野のことをたくさんご存知です。

 

ある男性には、助成金の申し込み書の書き方を教えていただきました。

ある女性からは、たけのこを頂き、たけのこご飯の作り方を教えていただきました。

市の教室の時、男性から、市の公園マップを作る為に色んな道を歩いて、表を作っているということを聞き、
他の女性からは、高齢になっても人の役に立ちたい、出来たらボランティアじゃなく、ワンコインでもいいから、社会の役に立っている証が欲しいと聞きました。

また、ある男性からは、糖尿病のコントロールの仕方をご自身で記入した表を見せていただき、個人個人のコントロールしている様子を教えていただきました。

 

人生の先輩として、仕事が終わったら全ておしまいではなく、
今持っている知識を、有償・無償で社会に伝えていただき、私たちを育てて頂きたいと願っています。

 

歳を取ったら何も出来ないのではなく、
歳を取ったから、伝えられる、事があると思います。

 

今社会を支えていく年代ですが、能力や経験に満ち溢れた高齢者と呼ばれる年齢の方に、社会の繋がり、子供の教育、などなど一緒に作り上げて、

『教育』『教養』をいつも身に付けていただきたいと思います。

は、

『教育』「今日行くところがある」

『教養』『今日やることがある」です(^^)

 

元気に動けなくても、気持ちが元気目指して。最後まで悔いの無い人生を過ごしていただけると、私も先輩の歩みを目標に人生過ごして生きたいと思います。

 

20160529_080221_733

先日、
77歳の父に、起業の相談に行ってきました。

北海道1泊2日、
父に相談するためだけに。

怖いと思っていた父ですが、話をしっかり聞いてくれ、今までお仕事で得た知識と経験をもとにアドバイスと色々くれました。

 

父に、会社の顧問になっていもらいたい位です。

 

77歳の父。

今まで、仕事し社会で生き抜く力を持っている父。

子供の頃は、ただただ怖いばかりでしたが、
とても尊敬しています。

 

そして、北海道へ行く前に2人の男性とそこの奥様に、話を聞いていただき、話す勇気を頂きました。

3人の先輩に感謝したいと思います。
きちんと伝えることが出来ました!
ありがとうございました(^^)

 

 

よし!
私も、頑張るぞ!!!

 

皆さんも、今までの知識、経験、
是非、後進の育成の為に役立てて下さいね。

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2016年5月28日

自分のカラダ 分析と統計

先日、昔の職場時代からのご縁で、

素敵なおじ様お二人と奥様に会いに行ってきました。

 

素敵なおじ様二人組みは、持病をお持ちです。

 

誰でも年齢を重ねていくと、病院にお世話になることが増え、
色んな病気ともお付き合いをしていくようになります。

 

昔は一緒に、ゴルフをしたり、飲みに行ったり、趣味をしていた仲間も、
具合が悪いと、病院で会う仲間になってしまうことも・・・。

 

まあ、それでも会えたら嬉しいのですが、
出来たら、何かそこに目標を付けて、やる気元気を付け足していって頂きたいなと、つい思ってしまいます。

 

家にいて、家族の人としか喋らないとか、パソコンばかりしていている・・・。
もちろん具合の悪いときはしょうがないのですが、
それで人生が過ぎていくのは勿体無い気がします。

 

なにかしら、目標を定め、
小さな目標でもいいから、それに向けて是非体力を付けていって貰いたいなと思います。

 

お一人の方が、自分のカラダの記録をつけ、
薬が変わってからも、上手に

付き合っていく為の、分析や統計をグラフや表にしているそうです。

DSC_7061

素晴らしいです!

 

なかなか、薬のコントロールは難しく大変なことだと思います。
この、分析が、きっと同じ病気を持ち悩んでいる人にも役に立つのではないかなぁと思います。

 

男性は、特に理論立てて物事を考えるのが得意なのかなと思います。

 

私も見習わなくっちゃ!

 

 

そして、
お二人の素敵なおじ様にも、
日常生活を少しでも、活気ある豊かなものにして頂くために、
運動指導させていただきたいと思います。

 

頑張り過ぎない、自分のカラダの為の運動を。

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

記事一覧へ