ロコモセラピー 明日はもっとアクティブに生きよう!!



新着記事

記事一覧へ

2018年7月11日

介護予防のメニュー作り

先日の介護予防指導力アップセミナーの内容は、
利用者さん、一人ひとりの状況に合わせてメニューを作ること。

DSC_7740

年齢を重ねていくと、昔出来たのに、やりずらくなる動きなど増えてきます。

痛みを感じ、動きたい、改善したいのにどうしてよいか分からない・・・、動かす事自体が不安という方も、たくさんいらっしゃいます。

DSC_7749

 

運動型デイサービスの株式会社ミストラルサービスさんの、セミナーは、6月23日に名古屋。1531301339455

7月7日は、東京調布の「悠悠いきいき倶楽部」

DSC_7952

 

痛い所があると、どこまで動かしてよいのか、どんな運動が良いのか、受ける側はもちろん、提供する側も不安になります。

一番大切なのは、キチンと共感し、状況を把握すること。

大丈夫、大丈夫と言われても、痛い本人からしてみると、
分からないでしょう、と不安になってきます。

でも、本当に全然動かさないと、今度は動かさないことによる廃用が始まることも。

筋肉は硬くなり、もっと動きが悪くなり、少しの刺激でも痛みを感じるようになってくるのです。

まずは、心を楽にしてあげる言葉がけ。

そして動きを細かく分けて、

痛くない動きを一緒に見つけ出すことが大切ですね。

痛くない動かし方があるんだと分かるだけでも、大分気持ちは楽になります。

そのうち、少しずつ身体がほぐれ、動かせる範囲が増えてきますよ。

 

あれ?と言うくらい、知らないうちに動けるようになってきたら、しめたものです。

焦らず、少しずつ。

今回の指導者の皆さんも、利用者さんの事を一生懸命考えて、どうにか動けるようにしてあげたいと、色んなメニューを考え取り組んでいました。

DSC_7955

チームに分かれて、テーマを決めた発表がとても面白く、

「送迎の車の後部座席に乗る時に、スムーズに身体を使えるようになる為の運動」

細分化し、ステップ台に登る時の、脚が上がる為の運動。
つま先も上がってないとつまずくよね、と、足首の運動。
手で、車の持ち手を引き寄せる為の腕の運動。
狭い所を滑るように移動するための、捻りの運動。

利用者さんと共有できる内容で、盛り上がること間違いなしの、オリジナルメニューが出来ました。

 

分かる分かると、笑いも起こり、他の施設のスタッフと共有。

施設の横の繋がりがあると、情報交換をしながら行えるので、いいですよね。

 

終了後、本部の担当者の方と、今後は指導する職員さんの身体の使い方についても、行いたいねとお話つつ、3か所の研修会が終了しました。

DSC_7742

DSC_7750

私も色々気づきのある、3回の研修会。

また、次回を楽しみに、邁進していきたいと思います。

1530974177585

介護予防。

課題もありますが、伸びしろもあると思います。

さあ、頑張るぞ!

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年7月11日

介護予防の運動とは

介護予防の運動と聞くと、どんな所で行われているか、どんな運動が良いかご存知ですか?

自分で行う運動やウォーキング、認知症予防、地域で行われている教室、デイサービス、などなど色んな所が増えつつあります。

 

色んな人に出会い、刺激を受けることは、いくつになっても必要ですよね。

その中でも、マシンを使ったトレーニングも、お勧めですよ。

機械を使うのは、敷居が高そうに思えますが、
実は、効果的に筋肉を鍛えることが出来るので、始めての方にもお勧めなんです。

一人では、使い方も分からないし、やる気も起きないし・・・・、なかなか一歩が踏み出せずにいる方も多いのではないでしょうか?

最近は、介護保険を使うタイプの運動型デイサービスも増えています。

DSC_7690

また、自費で行う、個人経営型のトレーニング施設も増えてきました。IMG_20170729_211203_090

スポーツクラブや公共のスポーツセンターでも、トレーニングをすることが出来ますが、きちんと身体に合った指導を教えて貰えるかが心配ですよね。

 

コツは、自分の気になるところ、痛みがあるか、どうしたいかをきちんと伝える事。

「健康運動指導士」

という資格のある人がいる場合は、疾患や病気の勉強もしているので、リスクを抱えている方でも安全に運動する方法を教えてくれます。

 

日常生活で負荷が少ないと、ちょっとしたことでも疲れやすくなります。

ある程度の重さや心臓への負担を与えることは、身体にとって必要な事。
その負担に対して、乗り越えようと、再生能力が働くのです。

 

是非、近所の施設を探して、勇気を持って、訪ねてみて下さいね。

 

自分の身体は、自分で動かす!

40歳を過ぎたら、自分の身体と向き合い、メンテナンスすることをお勧めします。

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年6月17日

運動型のデイサービス 研修

昨日は、
株式会社ミストラルービスさんからの依頼を受け、長野へ行ってきました。

運動型デイサービス
『悠悠いきいき倶楽部』にて、介護予防指導力アップ研修会の講師を務めさせて頂きました。

介護保険適応の「カラダを動かす」運動を中心としたプログラムで、
パワリハマシンを使ったトレーニングと、身体機能の維持向上の為の体操プログラムのある施設です。

午前中は、
ベテラン社員さんによる、パワリハマシンのスキルアップ研修。

DSC_7690

DSC_7690

午後からは、私が担当させて頂き、介護予防の基礎知識や体操プログラムの考え方、指導のコツについてを、実践と共にお伝えさせて頂きました。

とても意欲的な職員さんが多く、利用者さんの事を想っての質問が相次いでいました。

痛いところがあったり、自分のカラダが思うように動かなくなってくると、気持ちまで滅入ってきます。
そんな時、心の支えになり、一緒に運動をして元気を与えてくれるのは、デイサービスの職員さんです。

なかなか、半日では伝えきれないものがありますが、一緒に悩みを解決する研修を目指して、取り組ませて頂きました。

DSC_7693

研修は名古屋、東京と、続きます、精一杯取り組ませて頂きます!

ご縁に感謝。

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年6月13日

テレビ愛知 「元気はつらつ!らくちん体操」体操監修

DSC_7540

 

テレビ愛知さん番組
「元気はつらつ!らくちん体操」の体操監修をさせて頂くことになりました!

DSC_7546

毎週金曜 昼13時27分から テレビ愛知にて放送されています!

この番組は、史上初の
高齢者向けに特化した体操番組として、ご家庭はもちろん、施設でのレクリエーションにも使える内容となっています。

DSC_7551

体操のお姉さん、お兄さんが、それぞれいい味があって、癒され楽しい番組になっていますよ(^^)

心を込めて、身体の事を考えた体操を毎回紹介していきます。

少しでも、身体を動かして心も身体も元気になって欲しいです(*^^*)

 

テレビ愛知
毎週金曜日 13:27~13:30

「元気はつらつ!らくちん体操」

ご縁に感謝(*^^*)

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年5月9日

今年の名古屋フィットネスフェスタは、9月2日!!!

名古屋フィットネスフェスタ
一緒に企画をしてくれる仲間を、募集しています!

スポンサー企業さんも、大募集!
健康・介護・運動・健康に興味のある企業様。
皆さんの健康人生、幸せな人生で生涯やりたい事を行うための、三世代の体力づくりを、発信しています!
お力添えをお願いいたします!

CS9A1685 CS9A1689 DSC_3250 DSC_3272 CS9A1764 DSC_1735 DSC07878

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年4月3日

言葉にて、癒せされて我、道をゆく

久手ロコモサークルの会員さんから、こんな素敵な歌を頂きました。

DSC_5798

私の事を考えて、私の気持ちになって考えて下さいました。

とっても嬉しくて(*^^*)

この方は、ご自分のお母様への想いを歌集にして、出版さられた方です。

DSC_4865

読ませて頂いたとき、目頭が熱くなり、飛行機の予約をしていました。

名古屋から、両親に会いたくなってしまいました(>_<)
人生後悔したくないから、
彼女に背中を押されて、とっさに取った行動。

私に出きること。
健康と人の繋がりで、みなさんが笑顔と明日を生きる勇気を伝えたい!

まだまだですが、
チャレンジし続けたいと強く思いました。

ご縁と愛に感謝(*^^*)

よし!
明日も精一杯、頑張ろう🎵

DSC_4865

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年4月2日

「外へ出てみて、分かること」

桜満開、お花見日和(^ー^)

毎週金曜日『にっしんスポーツクラブ』の歩き方教室は、
外へ飛び出してお花見ウォーキング\(^o^)/

 

素敵な景色と、花の癒し、普段と違う雰囲気に包まれて、写真を撮りつつ、すれ違う人とも挨拶しつつ。

DSC_5684

隣で歩いた最近入会された生徒さんとゆっくりお話ができました。

足裏が痛いとのとの話から、糖尿病を患っている話や、それがストレスからくるものだったと話して下さいました。
ここ数年体重も減ってしまい、悩んでいたところ、たまたまこの教室と出会い、遠くからバスを乗り継いで通ってくるのは大変だけれど、出会った生徒同士で話をすることが、とても癒され気持ちが落ち着くと話して下さいました。

今は、カウンセリングにも通い、
ストレスを溜め込まないようにすること、物事に対する捉え方を変えたり、色々チャレンジをしているそうです。
「自分は強いと思って、強がって生きていた。自分は自分、意見がぶつかってもでも聞く耳も持たなかった。
この歳になって、人の話を聞くこと、人に気持ちを話すことが大切だったとようやく感じられるようになった。
まだまだ、悩んだり落ち込んだりすることはたくさんあるけど、もっと頼ってもいいんだ、みんなの悩んだり苦しんだりしてるんだって、分かった。」と。

そして、一人で悩まず話してみること、少しずつ実践しているそうです。

嬉しかった(*^^*)

そして、私自身もそうだなぁと感じました。
ぶつかりまくって生きてるなぁ(>_<)

そして、一人で強がって、勝手に寂しくなって(>_<)
一緒です。

DSC_5695

お花見ウォーキングのお陰で、
深い話をすることができました。

外へ出てみると、気分が解放されて、
また違う視点になれますね(*^^*)

 

来年は、お弁当持って、花見を予定しています!

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年3月28日

心あたたまる出会い

午前中は、

パーソナルトレーニングを受けて頂いているクライアントさんから紹介して頂いた、カフェ&ギャラリー

DSC_5655

きっかけは、絵とスカーフ( ・∇・)

素敵な絵がご自宅レッスンの時に、和室に飾ってあり、鞄には素敵な色彩のスカーフが。。。

尋ねてみると、お知り合いのお子さん作との事

とても印象に残る作品だったので、もっと聞いてみると、知的障害をお持ちだと知りました。

親御さんが将来を心配し、この子に出来ることをと模索していたら、絵画と出会ったそうです。
絵との出会いからお子さんは変わり、自分の表現が出来るようになったそうです。

DSC_5650

そして、
それを世に出すという、親の愛。

ご自宅のカフェで、息子さんの作品を展示しています。

是非、ご覧になって頂きたい、
心動かされるお話しでした。

一日の出会に感謝(^^)

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年3月26日

ご夫婦で人生を楽しむために、運動

桜のトンネルがとても綺麗な、藤が丘

DSC_5537

介護予防に最適なマシンのある、
『はなさんと』にて、ご夫婦のパーソナル運動指導をさせて頂きました。

同じマシンでも、
からだのバランスで、こんなに姿勢が違ってしまいます。

DSC_5534

DSC_5530

体幹のバランス
重要ですね。

いつもは、奥様のパーソナルトレーニングをご自宅で行っていました。
目標を伺い、それに対しての運動指導をしていましたが、
何度かレッスンを行い、旦那様からもお話しを伺ってるうちに、外に出て頂く事が、奥様には重要だと思うようになりました。

そこで、ご夫婦で仲良く人生を楽しむために、
マシンを使った運動として、バスでご自宅から隣の停留所にある、こちらのジムに通うことを提案させて頂きました。

目標は、
1週間に2~3回、
30分だけマシンを使った運動をすること。

糖尿病もある方なので、
道中片道15分、帰りは歩いて貰うと、血糖値のコントロールにもなります。
歩く事、認知症予防にもなりますね(^-^)

ただマシンを使うだけでは、なかなか本当の意味での個人にあった運動とはならないので、
たまに、マシンの効果的な使い方やからだの使い方のチエック、そして糖尿病予防のトータルの生活指導もをさせて頂くことになりました。

次回のパーソナル指導は、
奥様は体幹の左右のバランス、
旦那様は、足と下半身の安定性のトレーニングを中心にさせて頂きます(^-^)

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

2018年3月20日

手術に備えて、体力をつける

最近、運動指導をしていて相談を受けるのが、
手術前に体力をつける、筋力をつける方法です。

人工関節の手術をする、
内科疾患の手術を受ける、
どちらの場合もお医者さんから、手術に備えて、
体力をつけて置いて下さいね、と言われます。

私が体験者の方から聞く限りでも、実際、体力のある方とない方とでは、退院やリハビリの進み具合が違う場合が多いようです。

でも実際、患者の立場になると、
手術に備えて体力が必要と分かっていても、いざ何をどうして良いのか、分からないものです。

 

一般的に皆さんが考えるのは、「歩く」事。
歩くことは、心肺機能の向上が期待され、体力が向上すると言われています。

ただ、関節の疾患のある方は、歩くことによって痛くなることもあり、途方に暮れてしまうケースも多いようです。

また、内科的疾患のある方は、息切れをし、そこでやめてしまうケースも多いようです。

 

では、どうしたら良いのでしょう。

なかなかケースバイケースなので一概には言えませんが、
提案としては、
歩く距離を短くし、痛みが出たら座って休み、徐々に距離を伸ばしていく。
歩幅を無理に広げず、ペースダウンをする。
歩く以外の方法、
痛みが出ずに心拍数を上げる運動に変更する。
例えば、エアロバイク、もしくはプールでの歩行もお勧めです。

gym_aerobike
内科疾患のある方は、
無理をすると息切れをする方も多いと思います。
心拍数と自覚的運動強度と言われる、自分の感覚を大切にして、
やはりこれも、息切れを感じたら休む。
休んで少し復活したら、また歩く。
そして徐々に徐々に距離と時間を伸ばしていく。
暑い寒いに左右されないところで歩く、例えば市営のスポーツセンターや最近は大型ショッピングセンターで歩く方も多いようです。店舗によっては、ここで○○mと書かれた案内図まであるところも(^^)

42731
無理は禁物ですが、何もせずただ手術の日を待って、毎日を過ごしていても残念ながら体力は衰え、気持ちまでも滅入ってしまうかもしれません。

少しずつ、少しずつでもいいんです(^^)

できる事、楽しめる事、
梅や桜の花を見ながら、一緒にいたい人と語らいながら歩く。

ショッピングのついでに、少しウィンドウショッピングをしながら歩く。

本を読みながらスポーツセンターで自転車を漕ぐ。
ついでの運動でも大丈夫です。
まずは無理なくできる事から初めてみませんか?

 

 

 

 

管理人 健康運動指導士 sunnykid

記事一覧へ